アナと雪の女王2】「Into The Unknown」に学ぶ英語歌詞の和訳解説

こんにちは!
このブログでは楽して楽しく英語を学びたい人の為に、映画の紹介とワンシーンや音楽から役に立つフレーズをご紹介しています。

初心者が映画で英語学習するなら、ディズニーのアニメ映画がオススメです。
その理由は子供でも分かるシンプルな文法、シンプルかつ美しい発音が初心者の英語学習にピッタリだから。

今回はディズニーのアニメ映画の中でも圧巻の人気を誇る【アナと雪の女王2】のメインソング「Into The Unknown」の英語歌詞を解説していきます。

「Into The Unknown」ってどんな曲?

「Into The Unknown」映画『Frozen(アナと雪の女王)』の続編にあたる『Frozen2(アナと雪の女王2)』の主題歌です。

個人的に驚いたのが、楽曲に邦題が付けられていないことでしょうか。
松たか子さんが歌うこの曲は「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」という名前で日本でも有名になりました。
『Frozen(アナと雪の女王)』は小さい女の子もターゲットにしている映画作品なのに洋楽名がそのまま採用されています。

まあ、思い返せば、「レット・イット・ゴー」もそのままでしたね。
前作は「レリゴー」と呼びやすく親しみやすかったですが・・・

ちなみに『Frozen2(アナと雪の女王2)』は世界累計興行収入歴代1位を獲得しています。

「Into The Unknown」の歌詞

それでは「DisneyMusicVEVO」で公開されているエルサの動画を見ながら英語の勉強をしていきましょう。

パソコンこのページを見ると右サイドバーに動画が固定されているので、是非活用してみてください。

冒頭

Ah ah ah ah
Ah ah ah ahh, ah ah
Ah ah ah ah
Ah ah ah ah
Ah ah ah ahh, ah ah

ア、ア、アアー・・・

I can hear you, but I won't
Some look for trouble
While others don't

あなたの声が聞こえる、でも聞こえない
トラブルを求める人もいる
一方、そうでない人もいる

解説
"but I won't hear"と後ろにhearが隠れています。
look forは「探す」を意味します。

 

There's thousand reasons
I should go about my day
And ignore your whispers
Which I wish would go away

千(たくさん)の理由がある。
私は普通の日常を送るべき。
あなたのささやき無視するね
(あなたのささやきが)消え去ることを願うわ

解説
thousandは「千」という意味ですが、「沢山の」とも訳すことができます。
go about my dayは「私の日常(普通の日々)を過ごす」と言ったニュアンスです。
「Which I wish would go away」は直前のwhispers(ささやき)を修飾します。

ささやきを無視しようと自分に言い聞かせるパート

You're not a voice
You're just a ringing in my ear
And if I heard you, which I don't
I'm spoken for I fear

あなたは声ではない。
あなたはただの耳鳴りに過ぎない
もしあなたの声が聞こえたとしても、私には聞こえない
私が恐れているのは明らか

解説
ringing in my ear 私の耳の中で鳴っているもの(ringing)なので、耳鳴りや幻聴と訳せます。
spoken for は「〜は明白」、「何々は済んでいる」などと訳すことができます。

 

Everyone I've ever loved is here within these wall
I'm sorry, secret siren, but I'm blocking out your calls

私が愛してきた全ての人々はこの壁の中にいる。
ごめんなさい、秘密のサイレン(不思議な呼び声)、あなたの呼び声はブロックしているの。

 

I’ve had my adventure I don’t need something new
I’m afraid what I’m risking if I follow you

私の冒険は終わっている。私は新しさを必要としていない。
私はリスクをとることを恐れているあなたを追いかけて

 

Into the unknown, Into the unknown, Into the unknown

未知の旅へ〜、未知の旅へ〜、未知の旅へ〜、

解説
unknownは「未知」という名詞、「未知の」という形容詞の意味を持ちます。
この歌では後ろに旅、冒険、世界と言ったニュアンスが隠れており、「未知の旅」「未知の世界」と訳すことができます。

呼び声への興味が抑えられない2番パート

歌詞の1番では謎の呼び声を無視すると決め込んでいたエルサですが、2番では呼び声への興味が抑えられなくなったようです。

What do you want? 'Cause you've been keeping me awake
Are you here to distract me so I make a big mistake?
Or are you someone out there who's a little bit like me?
Who knows deep down I'm not where I'm meant to be?

何が欲しいの(望みなの)? あなたは私を目覚めさせ続けている。
私が大きな間違いを犯すように気を引いているの?
それとも、あなたは私と少し似ている遠くの誰かなの?
私が定められた場所にいないということを深く知っているとでも言うの?

解説
I'm meant to be ~「私は〜するべき運命にある」と言う意味です。
エルサは自分の今の生活が自分の運命(在り方)なのか疑問を感じているようですね

 

Every day's a little harder as I feel your power grow
Don't you know there's part of me that longs to go

あなたの力が増す(成長する)のを感じるにつれて、毎日が少し辛くなるわ
知らないの? 行くことを強く望んでいる私の一部(気持ち)

解説
longs to goの「long」は「長い」ではなく「切望する」と言う意味があります。
longs to go(行くことを強く望む)part of me(私の気持ち)を修飾しています。

 

Into the unknown, Into the unknown, Into the unknown

未知の旅へ〜、未知の旅へ〜、未知の旅へ〜、

 

Are you out there? Do you know me?
Can you feel me? Can you show me?

あなたは外にいますか? 私を知っていますか?
私の存在を感じますか? 私に見せてくれますか?

 

Where are you going? Don't leave me alone
How do I follow you Into the unknown?

どこに行くの? 私をひとりにして去らないで(置いていかないで)
どうすればあなたについて行ける? 未知の旅へ?

「Into The Unknown」を歌うエルサ

突然聞こえてくる謎のささやき。
エルサは未知の冒険の予感を直感的に感じます。

一方で、現状の日常に満足しており、大切な周囲の人たちを危険に晒すかもしれない。
ささやきは自分の幻聴に過ぎないと言い聞かせようとします。

ですが、声の主に自分に近いナニかを感じてしまうエルサ。
歌の後半では我慢できずに、声の主に自分の存在を確認するかのように歌い始めます。

『アナと雪の女王2』を視聴する方法


「Into The Unknown」が劇中で流れる『アナと雪の女王2』は世界のアニメ市場、最大の興行収入を誇っており、大人から子供まで楽しめる作品です。

前作『アナと雪の女王』を観ている前提で話が進むので、まだ観ていない人は先に前作を見ることをお勧めします。

いくつか『アナと雪の女王』を試聴する方法をご紹介します。

amazonプライムビデオで観る(有料)

アナと雪の女王2はamazonプライムビデオで視聴することができます。
ただし、2020年5月現在、400円と有料です。

おすすめの記事