【英語学習】リーディング学習が継続する3つの勉強法を徹底解説

日本のビジネスパーソンの悩みの種である英語。

その中でも最初に立ちはだかる壁が「リーディング」ではないでしょうか。
会社でTOEICなど、資格試験の受験を余儀なくされている人も多いはず。

スピーキングやリスニングに比べて、受験勉強をどれだけ頑張ったかで差が生まれるのがリーディングです。
大人になってから地道に文法や単語を覚えるのは大変ですしね・・・泣

そんな「リーディング」について、ストレス無く勉強を続けられるコツを紹介します。

1番重要なコトは続けること

英語学習「リーディング」で大切なことは続けること

リーディングに限らず、英語の勉強で一番重要なのは続けることです。

「大してストレスが溜まる作業ではないのに、なぜか毎日続けられない」
そう思っている人がかなり多いのではないでしょうか。

どんなに高い教材を買っても、どんなに良い勉強法を見つけても続けられなければ、何の意味もありません。

このブログでは、英語学習を毎日続けられない人のために、続けられるコトを最優先にポイントを紹介していきます。

あなたのモチベーションをどのように維持するか、どうすれば無理なく続けられるか、自分に合った方法を見つけ出して下さい。

「リーディング」オススメ勉強法3選

リーディングオススメ勉強法3選

リーディングの勉強において具体的なやり方を3つ紹介します。
それぞれの特徴も併せて説明するので、自分の弱点に合った勉強法を選択して下さい。

また、継続して英語学習を続けられそうな魅力的なオススメ教材もご紹介します。

【勉強法1】音読しながら英文を理解

音読することで読むという受け身の行動と、話すという能動的な行動を同時に行うことで脳が刺激され、効率的に英語学習することができます。

また、自分で能動的に話すという経験を重ねることで、文章を作る能力「スピーキング」や「ライティング」能力も併せて身につきます。

市販の問題集などを活用するときは問題文を読む時に音読をすることを意識してみましょう。
以下の手順で英語を読むようにして下さい。

1.教材の選定

教材は自分に合ったものを選びましょう。
テキストを確認できる英語教材を選ぶようにして下さい。

リーディングの勉強をする時は文法が崩れがちな映画/ドラマより、資格教材やリーディング教材を選ぶことをお勧めします。

2.音読をしてみる

教材を手にとって問題を読み始めたら、早速音読してみましょう。

分からない単語や読めない単語はありましたか?

分からない単語や読めない単語は全て調べてノートにメモしておいて下さい。
そのノートがあなたの弱点で埋め尽くされていくでしょう。

3.問題を解く(問題集を使う場合)

問題集を使っている方は、音読で不明点を洗い出せたら、問題を解いていきましょう。

音読で読めても、内容を理解できていなければ問題は解けません。

自分が内容を理解できているか問題を解いて確認してみて下さい。

4.後日ノートを見返す【重要】

英語に限らずですが、勉強したことは思い出すことで定着していきます。

今回の勉強法ですと、音読できなかったところ=弱点がノートに記されています。
これは見直さない手はありませんね。

せっかく貴重な時間を使って勉強したんです。
忘れないように復習するようにしましょう。

【勉強法2】スラッシュ・リーディング

英文を意味の塊ごとにスラッシュ区切りに分ける勉強法がスラッシュ/リーディングです。

3単語以上読むと、前の単語が脳にスタックされずに消えていってしまう現象ってありませんか?
文章を塊に分割して理解し、文中に含まれる構成要素を圧縮することで、脳にかかる負荷を軽減できます。

実際にヘンリー・フォードの名言を引用してみてみましょう。
It has been my observation that most people get ahead during the time that others waste.

これをスラッシュリーティングするとこう!⇩⇩⇩
It has been my observation / that most people / get ahead / during the time / that others waste.

かなり読みやすくなったのでは無いでしょうか?

こうやって、スラッシュ・リーディングで3~5単語の塊に分割することで、「よく読む塊」を頭に刷り込みます。
1度刷り込まれた塊は瞬時に意味を理解できるので、数単語を脳で理解して翻訳するコストを削減できます。

スラッシュを入れるポイントにルールはありませんが、文法の授業で習う「svc」や「svoc」などを参考に区切ると分かりやすいです。

ちなみに上記の名言を翻訳すると以下のようになります。

たいていの成功者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。
これは私が長年、この眼で見てきたことである。

【勉強法3】シャドーイング

シャドーイングは音声を聴きながら、自分でも追従するように発音し、英文を読む勉強法です。

声に出すのが面倒だったり、通勤通学で声に出すことが難しい人には「アイ・シャドーイング 」という勉強法もあります。

「アイ・シャドーイング 」なら音声を聞きながら英文テキストを目で追いかければ良いので、周りに人がいても実践できます。

シャドーイングの詳しいやり方は以下でご紹介しています。

リーディングスキルを磨くために意識すること4つ

リーディングスキルを磨くために意識すること4つ

リーディング能力をアップさせる勉強法をいくつかご紹介しましたが、何も考えずに実践しても効率が悪いです。
常に以下のことを意識して勉強するように心がけると良いでしょう。

1.文法構造を理解する

英語は日本語と文法構造が異なり、初心者は慣れない文法構造に対応するだけで、いっぱいっぱいになります。

スラッシュ・リーディングを行う時は英単語の羅列として英文を理解するのではなく、文法構造を理解するように心がけて下さい。

文法構造を理解して勉強しなければ英語力は途中で頭打ちになります。
特にビジネスで役立てたけえれば、文法は蔑ろにできません。

2.英語を英語のまま理解する

シャドーイングや音読をしていると、前後の文脈と合わせて英語が脳に擦りこれるので、英語を英語のまま理解できるようになってくるでしょう。

読んだり聞いたりした英語を日本語に訳すことに脳のキャパシティを使わなくて良くなるため、英語の全体像を掴みやすくなります。

頑張れば、「この英語、日本語だとなんて言うか分からない」なんて思うようになってくるでしょう。

3.英語をフレーズ(塊)で理解する

簡単な例だと「thank you」を「thank」と「you」の二つの単語として訳す人はいないでしょう。
「サンキュー」と言う一つの言葉として脳内で瞬時に理解するのでは無いでしょうか。
「グッドモーニング」「アイムソーリー」などは日本人でも、小さい頃から日常的に使うので慣れていますね。

この現象を様々なフレーズで実現できれば、あなたの英語力は飛躍的に向上します。
反射的に英語を使いこなせるようになるはずです。

スラッシュリーディングや、音読、シャドーイングを続けると、英語をフレーズ(塊)で理解できるようになります。

是非、意識して勉強するようにしてみて下さい。

4.ボキャブラリー(英単語)を覚える

英単語を覚えられるかどうか・・・
これは努力ではなく、英語の勉強を習慣化できるかどうかで決まります。

リーディングの勉強をしていて分からない単語が出たらメモをとるようにして下さい。
面倒な時は単語を調べる必要はありません。ただ、ノートにメモすればOKです。

そして、そのノートは英語の勉強をする日は必ず目を通すようにして下さい。
調べるのが面倒であれば分からないままにしても良いです。
だんだん、苦手な語彙がノートに溜まってくるでしょう。

このように、チラ見でもいいので復習する習慣を付ければ、ボキャブラリーはいつの間にか脳に定着します。

リーディングの習慣を付けよう

リーディングの習慣を付けよう

英語の勉強において、一番重要なことは続けること。
とはいえ、毎日時間を決めてデスクに向き合うのは苦痛ですよね。

人間は習慣化していないことを行うのエネルギーを消費します。
ですので、無理な努力をするのではなく、無理なく続けられる習慣を身に付けるのが英語力向上の近道。

以下では日常にリーディングの機会を自然に溶け込ませる方法をご紹介します。

1.スマホの設定を英語に

私もiPhoneの設定は学生の頃から英語にしていました。

最初は若干不便ですが、意外に直ぐに慣れます。
何気なく利用する中で自然と英語に触れることができるのでオススメです。

最初は億劫かも知れませんが、勇気を出して設定を変えてみましょう。
結構カッコイイですし、オススメです。

2.ゲームの設定を英語に

最近のゲームの多くは言語設定で英語に切り替えることができます。

ゲームのジャンルにもよりますが、ストーリー重視のゲームでなければ英語設定にしても違和感なく楽しめるはず。
(ストーリーゲームを英語にすると、初心者には読解が大変なので・・)

ちなみに私はカードゲームが好きで、シャドウバースと言うスマホゲームを英語設定でプレイしていました。
英語を読めないと効果が分からないので、難易度が上がりますが、元々効果を知っていたり、ある程度パターンがあるので、直ぐに慣れると思います。

ゲームを良くする人にはオススメです。

3.海外のメディアやインフルエンサーをフォローする

ボーッとTwitterのタイムラインを眺める時間が多い人にオススメ。
自分の好きなジャンルの海外メディアやインフルエンサーをフォローすると日常に英語が流れてきます。

日本語に翻訳されて得られる情報なんて古いです。
好きなことなら、是非一次情報をキャッチしましょうw

ドナルド・トランプのアカウントが個人的にはオススメです。
彼のツイートは表現が難しい時もありますが、日本語のアカウントも多数あるので、そちらもフォローすれば英語の勉強になります。

海外のニュースを読もう

ここから難易度が上がります。

毎日ニュースを見る習慣がすでにある人にはオススメです。(ニュースを見ない人にはちょっと辛いかな・・)
英語のニュースメディアにも目を通す習慣が付けばリーディング能力が上がること間違いなし。

いくつかオススメのメディアをご紹介します。

CNN.com

CNN(The Cable News Network)はアメリカ合衆国のニュース専門チャンネル。
アメリカ国内を中心に幅広いジャンルで世界のニュースを取り上げています。

動画もアップされているので、リーディングだけじゃなくリスニングの勉強もでき、アメリカ英語や世界のニュースを見たい人にはピッタリです。

The Japan Times

海外のニュースはハードルが高かったり、自分と関係なさすぎてピンとこない人も多いと思います。

The Japan Timesは日本のニュースを英語で掲載してくれています。
日本のニュースなので事前知識があるので、頭にも入ってきやすいでしょう。

Tech Crunch

Tech CrunchはITやガジェット好きな人にオススメです。
常に最新の情報が更新されるITにおいて、英語で情報を収集できる強みがあります。

サムネイルから記事の内容が分かりにくいと言うのが個人的な意見ですが、しっかり見出しを読めば魅力的なことが書いています。

ビジネスアイデアを刺激してくれるネタが盛り沢山なのでオススメです。

まとめ:日常に英語を取り入れながら継続しよう

リーディングの勉強は「音読」、「スラッシュ・リーディング」、「シャドーイング」がオススメです。

ただ、机に向かって勉強するのはエネルギーを使うので、まずは日常に英語を取り入れる工夫をしてみるのもいいかも知れません。
英語に触れる時間が多い方が英語に対する危機感も湧いてきます!

また、継続は努力して続けるものではなく、習慣化すれば楽して身につきます。
まずは、無理なく続けられる工夫をすることに全力を投じてみて下さい。

おすすめの記事