留学や長期出張にトランクルームが大活躍!オススメ活用術を紹介

留学や長期出張で数ヶ月間家を空けることになった際、家の中の荷物をどこかに預けられたら家賃を無駄に払わずに済みますね。
一人暮らしの場合、賃貸を借りたままにしておくと何十万円という家賃を損することになりかねません。

家の荷物を全てトランクルームに預け、帰ってくるタイミングで家を探すことでかなりの金額を節約することができます。

今回は留学や長期出張における荷物の問題に着目し、トランクルームでどれだけ家賃を節約できるか解説していきます。
ちなみに、4ヶ月以上家を空ける見込みがなければ、トランクルームを利用すると損する可能性が高いです。
1〜3ヶ月程度の留学・出張であれば、トランクルームの利用は不要でしょう。

トランク探偵
賃貸を再度契約すると初期費用がかかるぞ。
留学/出張期間が4ヶ月未満なら、賃貸は解約しない方がおトクかも。

ワンルームの荷物保管に必要な金額とスペースは?

留学・長期出張中に賃貸を借りるべきか借りないべきか?
当たり前のことですが、答えは不在期間にあり、不在期間が長くなるほど無駄に家賃を払うことになります。

そこで重要になるのが、トランクルームの相場です。
仮にあなたがワンルームの一人暮らしだとして、月にいくらあれば部屋中の荷物を預けられるのでしょうか?

一人暮らしの荷物を預ける場合、2畳〜3畳のスペースがあれば荷物は収まると言われています。(以下画像参考)

2畳〜3畳のトランクルームトランクルームQuraz「https://www.quraz.com/guide/size.aspx」より引用

一人暮らしであれば十分荷物が収まりきるのではないでしょうか?
このサイズのトランクルームのレンタルには月額1.5万円〜3万円ほどかかります。

賃貸契約には敷金・礼金がかかるので注意

仮にあなたの今の家の家賃が7万円だとしましょう。
月額で1.5万〜3万円で荷物を預けられるとすれば、毎月約5万円お金を節約できます。

6ヶ月で30万の節約12ヶ月で60万円の節約になります。

ただし、賃貸契約には敷金・礼金がかかることをお忘れなく!
月額7万円の賃貸契約には多く見積もって20万円ほど初期費用がかかると見込んでおきましょう。

ですの、お得になるのは4ヶ月以上の留学・出張の場合。
1ヶ月~3ヶ月の留学や出張なら、トランクルームを利用しなくて良い可能性が高いです。

もちろん月額の家賃が高いの家に住んでいるのであれば、節約できる金額も変動します。
家賃と留学/出張期間と照らし合わせて節約金額を見積もってみましょう

留学や長期出張にオススメのトランクルーム

トランクルームにはいくつかタイプがあります。
「屋外コンテナ型」「室内型」「宅配型」に分類されそれぞれ特徴があります。

結論から言うと「室内型」、「宅配型」のトランクルームを利用するようにして下さい。
「屋外コンテナ型」は外気の影響を受けやすく、室内の家具・家電を収納すると劣化や故障の原因になります。

3つのタイプのトランクルームの特徴は以下で詳しく解説しています。

室内型のトランクルーム

室内型トランクルームキュラーズ「https://www.quraz.com/trunkroom/」より引用

室内型のトランクルームは自分で店舗に出向き、実際に施設内の部屋をレンタルします。
ですので、自宅近くに実店舗が無いと契約できません

空調設備が充実しているサービスが多く、家具・家電、衣類も安心して預けることができます。

室内型オススメポイント
  • いつでも自分で荷物を出し入れできる
  • 車がないと荷物の移動が不便
  • 大型家電などの搬送費用を節約できる
  • 空調設備セキュリティが整っている

宅配型のトランクルーム

宅配型トランクルームとは?

宅配型のトランクルームは自宅まで配送業者が荷物を受け取りに来てくれるサービスです。
運営会社に引取依頼を出すと荷物を指定の住所に返送してくれます。

トランクルームの店舗が近くに無くても利用可能
自宅で手軽に荷物を預けられるので、東京都内を中心に最近人気のサービスです。

荷物は空調の効いた室内で保管され、カビや故障の心配も少なく、他の利用者と接触しないのでセキュリティも安心です。

室内型オススメポイント
  • プロが大型の荷物を搬送してくれるので安心
  • 運搬作業が不要
  • 空調設備セキュリティが整っている

屋外コンテナ型は危険

屋外コンテナ型

屋外コンテナを利用するのは非常に危険です。

空調設備が無いので外気の影響を受けやすく、家具や衣服がカビや害虫の餌食になる可能性があります。
さらに夏場は湿気と気温の上昇で、家電が故障したり、様々な荷物を劣化させる恐れがあります。

さらに、セキュリティもやや不安で、屋外に晒されているコンテナは100%安心と言い切れない怖さがあります。

屋外コンテナ型のポイント
  • カビや害虫の影響を受ける可能性がある
  • 気温の上昇や湿気で家電が故障する恐れがある
  • 野外に露出しているためセキュリティが不安

留学や長期出張にオススメのトランクルーム

オススメのトランクルームアプリ

最低4ヶ月は不在にならなければトランクルームを利用する金銭的メリットは少ないです。
その事を考慮し、4ヶ月以上の長期利用を想定して、便利でお得に利用できるトランクルームサービスを厳選しました。

「室内型」と「宅配型」を別々にご紹介します。

【室内型】キュラーズ(Quraz)

室内型トランクルーム「キュラーズ(Quraz)」キュラーズ「https://www.quraz.com/trunkroom/」より引用

キュラーズ(Quraz)は施設内は荷物が運びやすいように設計されており、セキュリティ体制も厳重です。
荷物の盗難・火災保証もバッチリで、内観も綺麗女性でも利用しやすいような工夫がなされています。

契約時に審査がないので、店舗で契約すれば即日利用可能になります。

「管理費」や「敷金礼金」も不要なので初期費用が非常に安いです。
「解約金」も不要なので余計なコストを抑えることができます。

最低使用期間も1ヶ月ですので、万が一早く帰ってくる事になっても速やかに解約可能です。

地域によって月額利用料が異なるので、以下の公式サイトから最寄りの店舗を確認してみて下さい。

【宅配型】宅トラ

【宅配型】宅トラ宅トラ「https://www.takutora.net/」より引用

『宅トラ』は宅配型のトランクルームサービスで、全国どこでも対応してくれます。
宅配型では珍しく、大型の荷物にも対応してくれるという大きな特徴があります。

月額利用料に加え、荷物の受取りに2万円ほど送料がかかるのでご注意ください。
出張や留学での利用なら受取り回数は1回で済むはずです。
(家電の搬送を業者に依頼する事を考えると損な金額ではないはず。)

月額利用料は約6,000円でベットや大型家具が追加されると数千円づつアップしていく印象です。
初期費用がかかる事を考えてもかなりお安く荷物を預けることができます

宅トラの利用料宅トラ「https://www.takuhaitrunk.com/price/box/」より引用

 

初回取引料金24,000割引のキャンペーンも実施中です。(2020年6月現在)
以下のリンクからweb申し込みでお得にスタートしましょう。

まとめ:4ヶ月以上が目安

留学や長期出張の際にトランクルームを利用すべきかどうか?
賃貸を再契約すると敷金や礼金がかかるので、最低でも4ヶ月は家を不在にしなければ、トランクルームを利用するメリットは少ないでしょう。

ただし、元から引越しを検討していた人はこの機会にトランクルームに荷物を移すのも良いかもしれません。

現在の家賃、家を不在にする期間、トランクルームサービスの月額費用を調査して、自分にぴったりのトランクルームを選択をするようにしましょう。

トランク探偵
「自宅の家賃」「不在にする期間」「利用するサービス」によって節約できる金額が変わるぞ。
しっかり計算して無駄な出費を軽減しよう!
おすすめの記事