シャドーイングとは? 正しいやり方とオススメ教材/アプリを紹介

こんにちは!
このブログでは、ラクして楽しい英語勉強法を日々研究しています。

今回も楽しい英語勉強方法をご紹介しま・・・
と言いたいところですが、残念ながら今回紹介する「シャドーイング」はそんなに楽しくないんだよなぁ・・・

では、なぜ敢えて、サイトのコンセプトに反する勉強法を紹介するのか?
それは、スピーキングやリスニングが疎かになりがちな日本の英語教育で育った人が大人になってから、流暢に英語を話す「口」英語を聞き流しても理解できる「耳」を手に入れるためにはこの方法が一番手軽だからです。

そして、ある程度このテクニックを身につければ、後々の英語学習が楽になります。

今回は少し面倒な反面、恩恵も大きい英語学習方法「シャドーイング」のやり方について紹介していきます。

シャドーイングで英語学習のポイント
メリット :リスニング/スピーキング力が伸びる。
デメリット:集中して動画を観る根気が必要。
コスト  :youtubeなどを使えば無料。(本やhuluを使っても1000円程度)
オススメ :カッコよく英語を話したい人。根気よく続けられる人。

「口」と「耳」に効く シャドーイングの効果

シャドーイングの効果は大きく2つあります。

1つ目は「発音」、「イントネーション」、「リズム(アクセント)」など、スピーキング力の向上がします。

2つ目は、文脈に応じて単語の意味を瞬時に理解するリスニング力の向上です。

どちらもネイティブの発音を0.5秒遅れで話すので、ホンモノの英語を追体験することができます。
聞き流しと違い、瞬時にネイティブの発音を追従しようと脳が刺激されるため、反射レベルで「口」と「耳」が鍛えられるのです。

スピーキング能力アップ

日本人のほとんどに欠落しているのがスピーキングです。

英語の点数は悪くないのに、外国人に道を聞かれた時に上手く表現できない人も多いはず。
(突然の出来事にテンパってしまうのも原因ですが。)

カタコト英語の改善

日本人特有のカタコト英語ってカッコ悪いですよね。
ネイティブの言葉にはリズム/テンポがあり、奏でるように英語を話します。

シャドーイングではネイティブの発音やリズムを0.5秒後に追体験するので、日本の悪しき英語教育で学ぶことができなかったホンモノの英語を叩きここむことができます。

瞬時に返答文を構築できる

シャドーイングをすればフレーズ単位で英語を話すことができます。

ですので、いちいち定型文を脳で構築しなくても、瞬速のインパルスで返事が出てくるようになります。

いざと言う時に自分の引き出しからサッと気の利くフレーズが出てくるのはカッコいいですよ!

リスニング能力アップ

普段文字で英語を勉強しますが、ネイティブの発音を聞いてみると全く別物です。
1度、音を覚えなければ、せっかく文法を勉強しても英会話で生かすことは難しいです。

聞き流しとの大きな違いは「集中」

聞き流しの場合、文字通り聞き流しているので、脳が刺激されません。

脳が刺激されなければ、内容を記憶することはできません。

一方、シャドーイングはネイティブの英語を聞いて、瞬時に反応しなければならないので、嫌でも脳に英語の発音やリズム、イントネーションを焼き付けることができます。

フレーズ単位で英語を理解

皆さんは疑問に思ったことありませんか?

「なんでネイティブはみんな英語が話せるのに、日本教育だと賢い人ほど英語の点数がいいのだろう?」

ネイティブの幼少期は英語を単語単位で覚えません。フレーズ単位で覚えます。

英語を単語単位で理解しようとすると脳がキャパオーバーを起こします。
フレーズ単位で聞き取れれば情報をコンパクトに圧縮できるので、脳にかかる負担は軽減されます。

もちろん個人の努力やその他の要因もありますが、フレーズで英語を理解した方が、処理しなければいけない情報量は一気に軽減します。

瞬時にフレーズを理解することで情報量を減らすことができるのもシャドーイングによる恩恵です。

シャドーイングのやり方

シャドーイングにおいて、なんとなく英語を復唱しても効率的に英語を勉強することはできません。

教材の状況を自分の脳内でシミレーションし、自分が何の為に喋っているのか話しての気持ちを意識しましょう。

1. まずはシャドーングの教材選び

シャドーイングで英語の勉強をする時に一番楽しいのは教材選びではないでしょうか。
役者の気持ちになって、映画やドラマのフレーズを復唱するのは楽しいですね。

教材選びのポイントは3つ。

  1. 何度も「巻き戻し」&「再生」ができるか
  2. 文字起こしされたテキストを後から確認できるか
  3. 自分のレベルにあっているか

toeicの対策をしたい人は問題集のpart3かpart4がオススメです。

youtubeにもシャドーイン用の動画教材がアップされています。

2. 内容のチェック

まずはシャドーイングに使用する音声をリスニングし、分からない単語やフレーズを事前にチェックしましょう。

リスニングを終えたら、次はテキスト全体を眺め、分からない単語は意味を調べておく必要があります。

初心者は事前に軽く内容を読んでおくといいかもしれません。

3. 音声に合わせて追従するように重ねて発話

ここからシャドーイング本番です。

音声に合わせて声に出して発音してみましょう。

実際に英語で会話する時と同じ大きさの声で練習するのがポイントです。

流暢に話せなかれば、カンペを見ながらでも問題ありません。
なんとか遅れずにオリジナルの音声についていきましょう。

何回も練習すると慣れるので、カンペを見ずにスラスラ言えるようになるはずです。

シャドーイングのポイント

シャドーイングで英語の勉強をする時のポイントを以下にまとめました。

細かいことは気にしない

シャドーイングにおいて、完璧に話そうとする必要はありません
分からなくなってしまった時は雰囲気でごまかして問題ないのです。
ただし、事前準備と学習後の復習は怠らないようにしましょう。

1教材あたり20回繰り返そう

シャドーイングにおいて重要なのは、自分の中に英語を焼き付けることです。

ですので、同じ教材を自分に定着するまで何度も反復して勉強するようにしましょう。

慣れないうちは1つの教材を20回は繰り返すようにしてください。
1分の教材でも20回繰り返すと20分かかります。

まずは無理のない範囲で継続させることを第一に考えてください。

【重要】数日後に復習する

一番重要なポイントが復習です。

英語に限らず、勉強できる人とできない人の差をつける一番の要因ではないでしょうか。

数日前に出来なかったところが数日後にちゃんと出来るようになっているか、確認しながら英語学習を進めるようにしましょう。

シャドーイングのオススメ教材

おすすめ教材は人によって様々ですが、英語で悩む人のパターンはある程度絞り込めます。

以下より自分に合った教材を見つけてください。

難易度1:音読パッケージトレーニング

中学レベルの簡単な英文を採用しているの非常に分かりやすいです。
ある程度英語ができる人には物足りない内容です。

一方、英語を基礎から学び直したいビジネスマンリスニングに苦手意識を感じている中高生にはピッタリだと思います。

難しい教材は続かないので、シャドーイングに慣れる為にこの本で勉強するのもいいかもしれません。

難易度1〜2:シャドーイング100本ノック

イングリッシュブートキャンプ株式会社のサービスとしてyoutubeに公開されてる教材です。

100+2本の教材が用意されており、youtube動画でサクサク勉強できます。

youtubeの機能で速度調整もできますし、動画で英文を表示してくれているので、カンペを見ながら勉強できます。

日頃から視聴していると頻繁にyoutueから動画がレコメンドされる為、youtueを見ている時に「やらなければ」という気持ちにさせてくれます。
ダラダラyoutubeを見てしまう人もオススメです。

難易度2:TOEICやTOEFLの学習教材

英語を勉強する理由として、資格のためにやっている人も多いはず。
私も会社にノルマを設定されていたので、苦労しました。

TOEICやTOEFLの学習教材でシャドーイングの勉強をすることで、試験本番で使用される単語や発音を重点的に勉強できます。

難易度3:huluやNetflix

映画やドラマで勉強するのは楽しいですが、日本人に求められないレベルの表現が非常に多いため、初級者/中級者にはオススメしていません

ですが、好きな映画のワンシーンはモチベーションが高まるので、やりたい人は是非やってみてください。
楽しく勉強するに越したことはないですから。

具体的な作品として、こだわりがなければ『SUITS/スーツ』という2011年にアメリカで放送された海外ドラマで勉強するのがオススメです。

エリート弁護士の成長を描いたストーリーで、内容が面白いのはもちろん、シチュエーションがビジネスで活用しやすいです。
また、多くのyoutuberが英語勉強のための解説動画をアップしてくれています。

まとめ:聞き流しで英語が身につかなかった人にオススメ

今回は英語のスピーキングとリスニング力を効率的にアップさせられる勉強法「シャドーイング」をご紹介しました。

この勉強法は同じ動画を20回ほど反復して、英文の内容を自身に定着させる根気力集中力がポイントです。

シャドーイングを続ければ、聞き流し勉強法で全く効果が出なかった理由が分かるはず!

シャドーイングが容易にできるようになると、映画での英語学習の効率も上がるので、映画作品で英語を勉強したい人にオススメです。

おすすめの記事