トランクルームに預けた荷物は盗難に遭う? 注意点を解説!

自宅外に荷物を預けられるトランクルーム。
非常に便利なサービスですが、大切な荷物が盗難に遭わない心配する声も耳にします。

実際しっかり施錠していても荷物が盗難に遭ったケースもあり、全てのトランクルームが100%安心というわけではありません

今回はトランクルームでの盗難に注目し、トランクルームの性質ごとの安全性と盗難対策を解説します。

トランクルームのタイプ別セキュリティ事情

トランクルームは3タイプ

トランクルームのセキュリティはトランクルームのタイプと運営会社によって異なります。

ちなみにトランクルームには3タイプ「屋外型」「室内型」「宅配型」があり、それぞれ荷物を預けた時の安全性が異なります

トランクルームの3つのタイプについては以下の記事で解説しています↓↓↓。

屋外型トランクルーム

屋外コンテナ型

トランクルームのセキュリティにおいて、一番注意が必要なのが「屋外型」です。

屋外に剥き出しのコンテナが設置されており、誰でもコンテナの前までは進入可能。
荷物の出し入れも部外者から見えてしまうため、心配という声をよく耳にします。

トランクルームを選ぶ時は周囲の地域の治安や、荷物の出し入れば外部に見てないか気を付けるようにしましょう。

とはいえ、大手のトランクルームは防犯カメラや警備会社と連携するなど、屋外型でもセキュリティには気を付けています。

特にオススメの「ハローストレージ」というサービスでは海上輸送用のコンテナを使用しており、一般人がコンテナをこじ開けるのは不可能と言っても過言でないでしょう。

注意が必要なのが地域密着型のトランクルーム。
利用料は安くても屋外倉庫のクオリティが低かったり、防犯体勢が弱いケースがありますのでご注意下さい。

室内型トランクルーム

室内型のトランクルーム

室内型のトランクルームはセキュリティ対策バッチリ。

セキュリティカードで利用者しか進入できないようになっています。
各所に防犯カメラが設置されており、警備会社と連携しているケースがほとんど。

常駐スタッフがいる店舗はなお安心ですね。

特にサイトでオススメしている「キュラーズ」というサービスはセキュリティ面で鉄壁と言っても過言ではありません。

宅配型トランクルーム

宅配型ならトラブルに遭遇しない!?

宅配型トランクルームはセキュリティ面では非常に安心できます。

というのも、倉庫にはトランクルーム運営業者の担当者しか進入できません。
日本の運搬業者の信頼も非常に高く、運搬中に荷物が紛失したなんてニュースはまず耳にしません。

運送業者が荷物を紛失するより、自分で運ぶ方がリスクがあるのではないでしょうか。

セキュリティ確認リスト

トランクルームのセキュリティで迷っている人必見。
契約する前にチェックしたいセキュリティの確認リストを用意しました。

以下の各項目と照らし合わせながら、自身が利用しようとしているトランクルームのセキュリティ対策を確認しましょう。

屋外型トランクルーム編

セキュリティ確認ポイント
  • コンテナは頑丈か?
  • 人通りは多いか?街全体の治安は?
  • 防犯カメラは各所に設置されているか?
  • 警備会社と連携しているか?

屋外型トランクルームは郊外に店舗を構える事が多く、人気のないところに倉庫が設置されていることもあります。
人通りがあり、照明も周囲にある店舗をオススメします。

また、敷地内に防犯カメラが設置されてる店舗も多くあります。

それぞれ、契約時にチェックするようにしましょう。

室内型トランクルーム編

セキュリティ確認ポイント
  • 建物の出入り口と部屋で2重ロックになっているか?
  • 天井に人が入れるスペースはないか?
  • 防犯カメラは各所に設置されているか?
  • 警備会社と連携しているか?

室内型トランクルームのセキュリティは非常に高く、建物内に荷物を保管するため、盗難はまず無いと言われています。

ただ、地域密着型のトランクルーム店舗は上記のいずれも当てはまらない事があるので、契約時にご注意下さい。

盗難よりもよくあるトラブル

実際のところトランクルームで盗難が起こることはほとんどありません。

それよりも注意したいのが以下のようなトラブルです。

トランクルームによくあるトラブル
  • カビや虫食いで衣服や布団がダメになった。
  • コンテナから水が進入し、荷物が濡れてしまった。
  • 輸送中に荷物を破損させてしまった。
  • 他の利用者とトラブルが起きた
  • 鍵の盗難紛失

トランクルームでよくあるトラブルについては以下の記事↓↓↓で解説しています。

まとめ

トランクルームを利用していて荷物の盗難に遭うことはほとんどありませんが、屋外型は少しだけ注意が必要な印象です。

誰でもトランクルームのすぐ近くまで進入できてしまうので、室内倉庫で保管するよりもリスクが高いと言えます。
街全体の治安や、周囲の人通り、防犯カメラの有無などを事前に調査しながら契約するかどうか検討しましょう。

このサイトで紹介するトランクルームはいずれもセキュリティには非常に力を入れているのでご安心ください。

屋外型でセキュリティが万全なトランクルーム

ハローストレージの特徴
・海上輸送用のコンテナを使用している
・全国90,000室、首都圏に17,000室展開
・各フロア各所に防犯カメラが設置されている
・セコムかALSOKなどの警備会社と連携している

室内型でセキュリティが万全なトランクルーム

キュラーズの特徴
・建物の出入り口と部屋で2重ロック
・店舗スタッフ常駐
・防犯カメラ完備
・無料シャトルバス
・内装が綺麗

 

おすすめの記事