トランクルームの種類を解説!3タイプから自分に合った倉庫を選ぼう

「趣味のレジャーアイテムやホビーグッズが捨てられず、家のスペースを切迫している」
そんな悩みを抱える方は多いです。

最近はトランクルームという便利なサービスの登場により、宅配で送ってしまえば大切な荷物を適切に管理してくれるようになりました。

安くて便利なトランクサービスですが、種類も様々でどのサービスを選べば良いか、良く分からない人も多いはず。

今回はトランクルームの種類や活用例を詳しく解説していきます。

トランクルームは3タイプ

トランクルームは3タイプ

トランクルームサービスは大きく分けて3タイプあります。

それぞれ使い方や料金体系、保管方法が異なるので自分の目的にあったタイプを選択しましょう。

屋外コンテナ型

屋外コンテナ型

道路の脇にコンテナが貸し倉庫を見かけたことはありませんか?
都内ではあまり見かけませんが、少し地方に出るとよく見かけます。

大きな荷物を預けるのに適しているのが屋外コンテナ型トランクルームの最大の特徴です。
日本各地の土地にコンテナが設置されており、家の近くにあれば車で乗り入れて荷物を運搬することもできます。

デメリットとしては、空調設備がないため、夏は気温の上昇と湿気が懸念されます。
冬は乾燥し、温度が下がるため、デリケートな荷物の保管には向いていません
また、外に露出しているためセキュリティに不安があります。

屋外型トランクルームの特徴
  • コスパ良く多くの荷物を保管できる
  • 空調が悪く、デリケートな荷物は苦手
  • 全国的に多くのコンテナがある
  • セキュリティに不安がある

室内型トランクルーム

室内型トランクルームキュラーズ「https://www.quraz.com/trunkroom/」より引用

空調が管理されており、セキュリティがしっかりしているのが室内型トランクルームの特徴です。
デリケートな荷物も安心/安全に保管することが最大のメリットです。
家具や電化製品、フィギュア、漫画/本、衣服、布団の保管に向いています。

デメリットはコストが少し高いことです。

室内型トランクルームの特徴
  • 空調設備でデリケートな荷物の保管に向いている
  • セキュリティ面で安全
  • 価格設定が高め

宅配型トランクルーム

宅配型トランクルームとは?

屋外コンテナ型/室内型のトランクルームと違い、宅配サービスを利用して荷物を預けます。
そのため、宅配サービスを利用するため荷物の出し入れに数日時間を要します。

計画的に使うタイミングが決まっている荷物の保管に強みがあります。
集荷サービスを利用すれば、家から一歩も出ずに荷物を輸送できるので楽で便利。
空調設備も整っているので、デリケートな荷物の保管に向いています。

段ボールのまま保管するのではなく、担当者が荷物を整理して管理してくれるサービスもあり、荷物を細かく指定して返送してもらうこともできます。

デメリットは荷物の返送に時間がかかるため、急に必要になることが予想される荷物は預けられません。

宅配型トランクルームの特徴
  • コスパ良く荷物を保管できる
  • 家から一歩も出なくて良い
  • 荷物を細かく指定して返送してもらえる
  • 空調設備でデリケートな荷物の保管に向いている

トランクルームの活用事例

トランクルームの活用事例

トランクルームの使い方は人それぞれです。
車を使えるか?近くにトランクルームはあるか?など人によって前提条件は異なります。

以下で目的に応じた代表的な活用事例をご紹介します。

レジャーアイテム

キャンプ、スノーボード、サバイバルゲーム、サーフィンなどレジャー用品はサイズも大きく、スペースを取ります。
荷物を家に置いておけなくなる人も多いでしょう。

レジャー用品は温度変化や湿度に強い物が多く、車を乗り入れられる屋外コンテナ型トランクルームと相性が良いです。

大型荷物を預けたい人はこちら↓↓

フィギュア、漫画、ゲームなど

フィギュアや漫画/本も数が増えれば家のスペースを占有します。

一方でデリケートな荷物なので屋外型トランクルームとの相性は最悪。
本は湿度で傷むリスク、フィギュアは高温で変形リスク、ゲームなどの精密機器は破損してしまうリスクがあります。

フィギュア・漫画・ゲームなどの小型荷物はダンボールに入れて保管する宅配型が圧倒的にオススメ!
月額200円程度で利用できるので圧倒的なコスパを体験できます。

衣服/布団などの布製品

押入れのスペースを大きく占領する布団や衣服。
シーズンオフにレンタルルームを利用することで自宅のスペースをかなり節約できます。

繊維類はカビのリスクがあるので屋外型トランクルームは絶対にNG!

衣服や布団程度の小〜中サイズの荷物はダンボール郵送する宅配型が圧倒的にオススメ!
月額料金も500円程度で利用可能です。

留学や引越しの一時保管

留学や引越しの時に家具や家電を一時的に預けるケースは多いです。
トランクルームサービスは賃貸マンションの荷物を一時的に退避させる場合にとても便利。

大きい荷物は屋外型のトランクルームに、細かい荷物は宅配型で預けるのがオススメ!

【】

トランクルーム豆知識

トランクルーム豆知識

トランクルームを利用したことがない人にとって、トランクルームサービスは謎が多いでしょう。
以下でトランクルームに関する豆知識をまとめました。

非常に便利なサービスですのが、意外な制約もあるので一度確認してみてください。

トランクルームに預けられない荷物は?

トランクルームに何を預けるかは利用者の自由ではありますが、そもそも預けるのが禁止されている荷物があります。

以下に該当する物は預けられないのでご注意下さい。

預かりNGな荷物
  • 動物や植物などの生き物
  • お金や高額な貴重品
  • 強い匂いを発する臭気物
  • 発火や溶解などの恐れがある危険物

1ヶ月の自動更新契約が多い

基本的に1ヶ月ごとの契約で自動更新のサービスがほとんどです。

初期費用がかかるサービスもある為、1ヶ月だけ利用する時は各サービス初期費用も検討するようにしましょう。

解約はネットや電話で簡単に解約できるサービスが多いですが、解約通知書をの提出が必要なサービスもあるので注意。

トランクルームには住めない

トランクルームに住むことは禁止されています。
家賃節約のためにトランクルームに住み憑こうなどと考えてはいけません。

トランクルームの中で多少時間を潰す程度であれば問題ないですが、他の利用者の迷惑にならないように注意しましょう。

まとめ

今回はトランクルームの3つのタイプとそれぞれの特徴を解説しました。

まとめ
屋外型:広くてコスパが良い。

    高温多湿になりがちでデリケートな荷物の保管はNG。

室内型:空調環境が調整されており、デリケートな荷物も保管可能。

宅配型:空調環境も良く、担当者が細かく荷物を管理。

    利用する時に家から出なく良い。

トランクルームは捨てられない/売れない荷物がある人は絶対オススメ!
家の中が綺麗に片付くので私生活の満足度も上がること間違いなしでしょう。

トランク探偵
トランクルームのタイプによって月額料金や使い方が全然違う。
自分の利用用途に合ったタイプを選択するようにしよう!
おすすめの記事